ぬか漬けですが

日本人と言えばふんどしとぬか漬けなのはもはや当たり前過ぎで誰も言わない事実でありますが、例のヌカドコからほぼ毎日のようにぬか漬けを作っていながら、一度も成功した事のない茄子のぬか漬けに、とうとう昨日成功しました。

失敗し続けていた理由はただ一つ、「ぬかドコは冷蔵庫に入れちゃいけなかった」。
「冷蔵庫に入れれば毎日かき混ぜなくていい」とか「○ジがわくぞ」とか、そういう情報に惑わされすぎていました。(ウ○がわいたらいやだなーともちろん今でも思っていますが…)
発酵するとあんなにヌカが膨れ上がるなんて知りませんでした。常温ぬかドコにしてから初めて蓋を開けた時の感激は忘れられないでしょう。(倍ぐらいに膨れ上がっていたのですから!ぬかって生きているんだなぁと実感)

家庭に於けるぬか床は今や絶滅の危機にさらされているそうですが、栄養価も高くガン予防、肥満予防などの効果もあり、何よりウマいので我々の世代でまた復活させていきたいものです。

小樽とか旭川とか富良野にて

いきなり北海道に行っていました。単に旅行ではなくて義祖父のお見舞い等の私事もあったりしたのですが、丸1日は観光にあて、ウワサの旭山動物園に行って来ちゃいました!
と言いましても私、その動物園の事は行くまで全く存じておらず、昔から動物園ほど嫌いなものは無かったので、全然興味が持てなかったんであります。ですがこの旭山動物園というのは動物の特性を存分に観察する事ができる独特の工夫を至る所になされているという事で、入場者数が右肩上がりの唯一の動物園なんだそうで、まぁそんなに言うなら、と札幌から3時間車を飛ばして行ってきました。(もちろん私は運転していません)

今北海道旅行というとこの動物園がコースに組み込まれているようで、観光バスだらけ!もちろん人も多過ぎ。動物園多しといえども今にこんなに客を呼べるのはココだけでしょう。
オランウータンのもぐもぐタイム(食事時間の事をココではこう呼ぶ)で地上17mの綱をひょいひょい渡るオランウータンの空中散歩も観る事ができました。これでもすげー!と思いましたが、オランウータンというのは本来、地上30mの木の上で生活しているんだそうです。
オランウータンのジャック君
ペンギン館ではこんなすごいショットも撮影できちゃいました。
飛ぶように泳ぐペンギンの姿。これがペンギン本来の姿です!彼らはやはり鳥だった!
ペンギン
と、なんのかんの言いながら大変楽しんでしまい、正直機会があればもう一度行きたいなとか思っています。
今まで何回かしか動物園って行った事ないけど、こんなにも動物が動いている動物園は初めてでした。

動物園を後にし、ちょっとより道して富良野へ。行く道すがら食べたとうもろこし(とうきび)の美味いことといったら、何本でも食べていいよと言われたら余裕で10本は食べられそうなぐらい美味かった。
さて、富良野と言えば五郎さん。五郎さんの家に遊びに行って来ました。
五郎ちゃんち
あいにく五郎さんは留守でしたが、勝手にあがりこんで写真撮りまくってきました。ちゃぶ台に銘酒「男山」が置いてあったのですが、飲んではいけませんと書いてあって残念だった。

そんなこんなの北海道、とにかくデカかった。次回はやはり知床、羅臼あたり行って流氷を見たいですね。2泊滞在中食べたラーメンは3杯。西山製麺最高です。
道中、美唄という地名標識をみました。さてなんと読むでしょう?
ちなみに夫は自身のミドルネイムにしたいと意味の分からない事をいつものように言っています。

空港祭りと伊丹花火大会

友人のいのさんが「あぁ、夏の想い出が欲しい…」と言うので、一緒に伊丹花火大会を見に行くことにしました。この花火大会は伊丹空港のデッキから見る事ができるのです。

ワインを1本買って花火までのんびり待つつもりだったのが、空港祭りでライブなんかもやっていて、何年も会わないような人に偶然会ったり、最近会ってない家族と会ったり、こんなところで会うはずの無いような人と会ったりと面白い出会いありで、何かやっぱ人が集まるところってのは行ってみる価値があるもんだなとしみじみ思ったりいたしました。

夫はこのライブに出演していた「ザ・たこさん」というバンドの大ファンになっており、調子に乗ってワインを3本も空けていたのには驚きを隠せませんでした。
いのさんもいい夏の思い出ができたと喜んでいました。めでたしめでたし。
伊丹花火

IMUA LIVE in ALOHA Hawaiki 3rd Anniversary Party

ハワイとふんどしの関係については、今更申し上げるまでもなく黒天狗本サイトのKAZさんインタビューにて周知の事実となっておりますが、我々が日々飲んだくれているHAWAIKIの3周年記念ライブでIMUAのライブを見に行きました。全然前知識のないまま行ったけどものすごく楽しかった!ハワイキで知らず知らずの間に聴いて覚えてしまっている曲ばかり。有名な曲のカバーなどもあって、全くハワイアンの知識がなくても十分楽しめるライブでした。
フラガールズも美しく、スラックキー・ギターの音色にもうっとり…と素敵な時間でしたが、ライブを終わってふと気がつくと、飲みまくってクダを巻き、ろれつも回らず目も空ろな夫の姿が!
つれて帰るのにいかほど苦労したか、ご想像を裏切らないことでしょう!
とにかくHAWAIKIさん3周年おめでとうございます!

カメラをもらう。

父からいらなくなった一眼レフのデジカメを貰った。
父からのお下がりデジカメは何個か貰った事があるが、毎回何度か使ってるうちに壊れてしまったり液晶がぐちゃぐちゃになったり、あんまり使い物にならんもんもしばしばだったが、今回のはすごい!EOS Kiss Digital!なんでこれが要らないのか意味がわからないが、追求せずに貰えるものは貰っておこう。

だからこれからはかなりマシな画像をバンバンアップするつもり!Hiromixもタジタジなやつを!
でも残念ながらこのカメラでこのカメラを撮影する事が出来ないのだった!なので今回は画像がありません。

月ヶ瀬にて

茶畑を営んでいるイケメンお茶作家、タツミさんちにBBQのお誘いがあったので、奈良は月ヶ瀬まで行って来ました。
彼とは会社の同僚のK君から紹介され、ホームページを作ったことからおつき合いが始まったのですが、今の若者には珍しいアツいハートと義理人情を持ち合わせたナイスガイであり、27歳にして3人のパパでもあります。さらにキッズテニスのコーチを勤めるスポーツマン。全くマルチな人間で非の打ち所がありません。

月ヶ瀬には初めて行きましたが、お茶畑の美しさや自然の多さには心を奪われっぱなしでした。BBQではタツミさんちで取れたもぎたて野菜や伊賀牛を頂き、かなりウマかったです。大自然の中で食べるご飯というのはなぜこんなにもウマいのでしょう。奥さんが作ってくれたモロヘイヤのおひたし(?)みたいなのが美味しくて我が夫もハマってしまったようです。

日が暮れてからはお家にお邪魔してお茶作家タツミ氏の「本当に美味しいお茶の入れ方」で入れるお茶を頂きました。もちろんタツミ茶園の自家製茶です。(浜松産のもあったけど)
普段何気なく飲んでいるお茶も、品種によって飲み比べてみるとかなり味が違う事に気づきました。私のような大雑把な人は、茶器も暖めず熱湯をガンガン注いで飲んでしまうのですが、お茶作家曰くは「飲むことももちろんですが、お茶を入れて飲むという”時間”を楽しんで頂きたいんです。」との事。私のような俗な人間にはまだまだ到達できない「侘び寂び」の世界…いつになったらたどり着けるのだろう?
K君の奥さんも元茶道部だったということで、めちゃめちゃ高価らしいお抹茶を立てて頂いたり、全く最近の若いもんは何でそんなに高尚な趣味を持っとるんじゃ!と叫びたくなるような素敵なひとときでありました。

さて、そのタツミ茶園のホームページはこちら。タツミさんのロゴマークとお茶のパッケージデザインと楽天のショッピングサイトをKing-Shilohことうちの夫が手がけておりますので、ぜひ一度お試しください。

ブルブルたこかいな

ブルブルたこかいなを使用する男
パソコンに向かって仕事をする人、特に私tsumaのように人並み外れた集中力を持って生まれた人間にとっては、休憩も忘れてついつい仕事に熱中してしまい、気がついたらコケコッコーなんて事もしばしば。

そんなワーカホリックにうってつけのリフレッシュ・アイテムを心優しい方から頂戴しました。その名も「ブルブルたこかいな」。
USBから電源を供給するので、パソコン周りに一匹飼っておけば、そのハイパーブルブルタコ足によって仕事で疲れた頭を前後のみさかい無くリフレッシュしてくれます!
着ける場所によってはリフレッシュどころかあっちの世界にトリップしてしまいそうになる程の、ちょっとキケンでスリルいっぱいのアイテム。あなたのお部屋にも一匹いかが?

豊中祭り


豊中祭りに行ってきました。今年で3回目です。
行くたびに人が増えているような気がする「沖縄音舞台」。豊中が2日だけまるで沖縄のようになります。毎年これだけが楽しみで生きていると言っても言い過ぎですが、ものすごく楽しみであることは間違いありません。

今年は天気も良くて、写真を見て頂いてもわかるようにすごい人で、いつも以上に沖縄っぽくなってたと思いました。
かなり印象に残ったのは、沖縄から来た「御花米(みはなぐみ)」というグループ(ライブめちゃくちゃ良かった)の人が、「大阪は沖縄と似ている気がする。どこが似ているかというと、沖縄はアメリカが混じってる。大阪は韓国が混じってる。だからなんとなく似てるさ。」と屈託ない笑顔で言っていた事。
こういう事を全く屈託なく言えるという事に、「かなわないなぁ!」と思わせられる事ってありませんか。私はしょっちゅうあります。

あと、オリオンビールの発泡酒があるのにビックリした。ここ数年沖縄行ってないけど、免税店が出来たりといろいろ変貌しているようなので、来月あたり見に行ってみようと思った。
なんせ、沖縄音舞台最高でした。最後の総踊りはステージまで上がってしまったし、エイサーもかっこ良かった。来年も絶対行こう。

アキ・カウリスマキの映画が好き過ぎる

立て続けにアキ・カウリスマキ監督の映画「パラダイスの夕暮れ」と「La Vie de Boheme」を観てすっかりアキ監督に惚れまくっているtsumaです。フィンランドまで会いに行きたいほどです。
音楽好きにとっては、彼が作中使っている音楽もたまりません。
ですので一昨日にアキ監督のサントラを探し求めてタワレコを彷徨っていたのですが、やはり「過去のない男」のサントラしかありませんでした。(もちろん買いました。今も聴きながら更新していますが、やはり素晴らしい選曲で、映画のシーンを思い出します)
2日間に渡り、ネットでずっと彼の作品のサントラを仕事そっちのけで探しておりましたが、なんと先ほど判明しました。「過去のない男」以外はサントラ化されていない事が…。

こうなったら自分でサントラを作るしかないですね!
La Vie de Bohemeで、クラブに行ったときにやっているロックバンド、あれが誰なのか気になって仕方ありません。

ラヴィ・ド・ボエーム/コントラクト・キラー

電子レンジ

やっとうちにも電子レンジが来ました。
私としては5年ぶりに「電子レンジのある暮らし」であります。
夫はなぜか前から電子レンジを嫌っていて、コンビニ弁当を買っても暖めてもらわない。
私は冷えたコンビニ弁当なんて絶対に食べられない。ただでさえ美味くないものが、冷たいなんて絶対に許せない。
しかもウチは電気炊飯器がない。
夫が一人暮らしの時に使ってた、3合しか炊けないちっちゃくてキタナいのは4年前に変な壊れ方をした。(彼の持ち物はよく意味が分からない壊れ方をする)
それ以来新しいのを買わずに、ずーっと鍋でご飯を炊いている。そりゃぁ美味しいんだが、保存に困る。次の日は冷えたご飯を食うか、チャーハンか雑炊しかあり得ないのです。
たまには昼ご飯に納豆と漬け物と温かいご飯とか食ってみたいものなのです。(ラクだから)

私が以前から電子レンジあったらいいなーと何度つぶやいてみても全く聞く耳を持たなかった彼が、こないだ夫の友人が来た時に「電子レンジないの?電子レンジって便利でいいのに。」という話を軽くしていっただけで、「まぁ買ってもいいかな」と言うに至ったことについて、マジで「なんなんそれ!」と思わざるを得ない。あっさり手のひらをひっくり返し、そこを突っ込むと「昨日を背負って生きて行く必要は無い」などといかにもかっこよさそうだが所詮は単なる屁理屈をいい放つ始末で、全くムカつくったらない。

愚痴はさておき、買ったレンジはElectrolux by TOSHIBAの生産終了品の展示品。でめちゃくちゃ安かった。おかげさまで前のオーブントースター(これもElectrolux)が不必要になりましたので、誰か「欲しい!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報ください。

TOSHIBA オーブンレンジ EMC-S20(S)