Category Archives: 旅とふんどし

夏の思い出

舟盛り

今まで旅行らしい旅行には行ったことがなかったので、
今年はこれでもかと言わんばかりに旅行してきました。

舟盛り

鳥羽で舟盛り。
とりあえず温泉行きたいということで、とりあえず鳥羽に行った。
近くに石神神社という、パワースポットがある相差(おおさつ)町という小さな町の温泉宿。
マジ食べきれないくらいの量…
パワースポットについては知らなかったが、宿の人が「相差にきたら行かなきゃ意味が無い」と言われたので、とりあえず行ってきた。
こんな小さな町なのに、パワースポットには人だかりで、今のパワースポットブームって本当すごいんだなと実感。
私は…はっきり言って全く興味がないのだ。何なん?パワースポットて…行ったら力が漲るという事なのだらうか?
そういうのは全然わからんので、もちろん力など湧きもせず。ありがたく享受しようとしない人には何ももたらされないようだ。
ごめんなさい。

このゆるキャラがいる地域にも行ってきたよ。
ピカリャ~というらしい。息子は大はしゃぎ。

こんなのも居るような地域です。 人口よりやぎの方が多いそうです。
3日間の滞在だったけど、帰りたくないなーって気持ちになるようなところです。
息子も同じだったようでした。

次のオリンピックイヤーには、またどっか旅行しよう!と心に決めた。
ジェットスターもあるし。

楽天トラベル株式会社

愛媛旅行



Orange Ferry, originally uploaded by shinolita.

連休は、お友達の実家がある愛媛へ家族で行って来た。
7年ぶりくらいのフェリーの旅。
車は休日割引で安いんだろうが、ここはひとつ一肌脱いで、
斜陽産業のフェリーで行くことにした。がんばれ船舶会社!

というか、やはり…渋滞大嫌いだから。
あえて船を選ぶ人も多いかな…とも思ったけど、
実際はガラガラだった。やっぱり。
(友達曰く、夜の便はかなり混雑していたらしいが)
大阪港から東予・新居浜港までの船旅、かなり満喫させていただいた。
イマイチお見せできる画像がないのが心残りではあるが、
オレンジフェリーかなり快適です。ぜひ一度みなさん乗ってみてください!
下から見る大橋もやはりスケールがデカくていいもんだ。



Dogo Spa, originally uploaded by shinolita.

道後温泉

ゴールデンウィーク

あっという間のゴールデンウィーク。みなさん、五月病にはくれぐれも気をつけて。
今年は新型インフルエンザのニュースで持ち切りのゴールデンウィークだった。
それとETCの割引ね。ウチはETCつけてるけど、渋滞に巻き込まれるのなら1000円でも高い!と思ってしまうタチなので、私は新幹線で優雅に移動。
近くの河原でバーベキュー。猪名川にかかる鯉のぼり。
山崎邦正に似てないか?
090405_00.jpg
夫が諸事情により忙しくしている為、急遽母子はしばらく田舎に疎開することに。
初新幹線に大興奮!車窓からは田植えで真っ盛りの田園風景が延々続く。
さすがの彼も飽き飽きのようでこの後20分ほどで熟睡。
090405_0.jpg
着いてから食べた「名古屋めし」という駅弁。
息子は「ういろう」が気に入ったみたい。
090405_1.jpg
海で大きい石を持ってポーズ。
カメラ向けると一応なんかポーズをとってくれるようになって来た。
090405_2.jpg
「おっちーわんわん」(注:大きい犬のこと)と触れ合い。
090405_3.jpg

函館の思い出(順不同)

五稜郭タワーから見下ろす五稜郭
080911-1.jpg
函館の猫
080911-2.jpg
函館牛乳のソフトクリーム
080911-3.jpg
買い物を楽しむペリー一行(旧イギリス領事館にて)
080911-4.jpg
函館100万ドルの夜景。最終夜、ようやく見る事ができた。
080911-5.jpg
やはり旅というのは人を成長させるね。
この旅の最中、完全に歩けるようになった息子。(旧函館公民館にて)
080911-6.jpg

帰宅

1歳1ヶ月の初遠距離旅行は、どうなる事かと思ったものの、何事もなくとりあえず無事帰宅しました。
飛行機やバス、路面電車等の移動中でのグズりは一切なし。
ホテルでも、隣の部屋に迷惑をかけるような事も全然なかったし。
息子よ、よくやった!
飛行機では、離陸時のGがかかった瞬間に眠りに落ちたのがすごく不思議だった。
それまでは普通に眠そうな様子もなくはしゃいでたのに、である。
行きのときそうだったんで、まぁたまたま眠かったのかも?と思ったんだけど、
帰りも全く同じだった。
これは赤ちゃん眠らせ機器(?)を開発している業者は必読の価値有り。
Gがかかると眠たくなるのか、飛行機のエンジン音で眠くなるのかは不明。
080903-1.jpg
こんな函館っぽいものも、朝っぱらから食って来ました!
なんか大阪でこんなの食べると胸焼けするんだけど、これは全く大丈夫だった。
朝にも関わらずさらさらっと平らげられたし。やっぱり新鮮だから?
080903-2.jpg
私的に一番ヒットの写真。
全く同じ格好で眠る親子。ヤラセじゃないよ。
あー長旅で今日は疲れた。
函館旅行記はまたの機会に。

神戸にて

大阪空港から高速バスで神戸へぶらり旅。
空港からは直通で奈良、USJ、阿倍野、京都等へ行けるバスが出ていて結構便利というか、楽しい。ちなみに神戸三宮までは片道1,020円。電車よりは割高になるけど気分的にのんびりできていい。

まずは着くなり腹ごしらえ。元町高架下をずんずん歩き、やっぱり靴買うなら神戸やな!とキョロキョロ見つつ、たまたま通りがかった元町トラットリア・マルコにて。

前菜盛り合わせの図。黒大根というのが珍しかった。夫はデカンタで赤ワインを飲んでいたが、私は終始お水でした。最近ではもうアルコールって何だっけ?という感じ。飲めるようになる頃にはかなりお酒弱くなってることでしょう。(すぐ慣れるだろうけど)他はパスタとデザート+コーヒーで1500円。かなりボリュームあった。

南京町
南京町へ。昔来たときと随分雰囲気が変わった気がする。こんなに出店が多かったかな?
高校生のときにバイト先で知り合ったグルメ大学生が、「南京町の中華街の中にあるお店はたいしてウマくないクセに高いだけだから入ったらあかん」と言っていて、私は今だにそれを覚えていてどーもこの辺の店に入る気にならない。
南京町
しかしあとで桃マンだけでも買い食いしよう!と心に決めていたのに、すっかり忘れていた。

アリアンス
元町と言えばアリアンス・グラフィック。個人的に日本一好きなカフェ。今回もここへ来るために来たようなものだ。

夫はパリで飲みまくった「モヒート」を注文したが、ミントがちょろっとしか入ってなかったので2杯目からはワインにしていた。パリで飲んだモヒートはミントがこれでもかという程入っていた。しかし昼から飲み過ぎちゃうんかと思いつつ、昼から酒を出してくれるカフェというのも意外と少ないので、そういった意味でも貴重な存在である。

いちじくのパウンドケーキ。今回の旅で一番キレイに撮れた写真。私の携帯(Softbank SH705)は正直全然カメラの性能が良くないし、あんまり携帯でパシャパシャ写真撮るのも好きじゃないので(変な音するし)小さなデジカメ欲しい。

このあと北野坂を上がり、異人館へ向かう。神戸は買い物などで何度も来ているのに、異人館に行ったのは初めてだった。妊婦にとってあの坂道はかなり過酷な試練だったが、途中に休憩ベンチがあるので休みながらウィーン・オーストリアの家へ。しかし到着した頃には営業終了していた。異人館に来る時はここに来る為だけに予定をたてた方が良さそうだ。
異人館
そこから見下ろした神戸の街。かなり上って来たのだなぁと実感。
こないだまで暖かかったのに、この日は本当に寒かった。いい感じに疲れたのでこのまま坂を降り、三宮から阪急で帰宅。

I’m back.

ホテルからの風景
沖縄から戻りました。
台風13号は本島だったのでそれほどひどくはなかったようですが、石垣島や西表などは、深刻な被害があったようで(宮崎の竜巻も!)、テレビを見て驚きっぱなしでした。
沖縄に行くと言っていた時点で、みんなから「大丈夫??」と心配されていたのですが、本島は本当に何て事はなく(シャレではない)、かすっただけだったようです。(でもそういえば一ヶ所崖崩れで通行止め食らった)
※写真はケータイで太陽バッチリ撮ってしまっておかしな線が入ってしまっていますが、ホテルの窓からの風景です。

出発する寸前まで天気図とか衛星写真とか見まくっていたのですが、13号のサンサンちゃんはお目目がぱっちり!あんなに台風に慣れてる石垣島の人たちも、「今回の台風は凄い!」と言っていたし、凄い台風ほど目がくっきりと昔習ったような気がするが、本当だったんだなと思った。目が通過した時はきっと晴れて急に風が止んだりしたんだろうなぁ。
13号

さて沖縄ですが、4日間本島を縦横無尽に駆け巡りまくり、あらゆる沖縄料理を食い尽くす勢いでした。最北端の辺戸岬も行ったし、泡盛でおなじみの残波岬では、凄まじいまでに打ちつける波も見た。あんなのに当たったら人間なんて木っ端みじんだろうなあ。自然ってすげぇなぁ。

3日目ぐらいから波も穏やかになってきたのでシュノーケルなども楽しみました。蒼い海をバッグに黒天狗イメージフォトも撮影して来たんですが、さてあの写真が使われる事があるのでしょうか。乞うご期待。

とりあえずわかった事は、「飛行機って意外と飛ぶんだなぁー」という事です。特にJALは本島に最接近していた16日の19時台の便を飛ばしていた(ちなみにANAは欠航)。飛行機ってほんっとにどんな理屈で飛んでいるのやら。私にはさっぱり意味がわかりません。

沖縄

17日から沖縄本島に行ってきます。
こないだ北海道でつぎ沖縄…端っこが大好きな私たち。

今日は仕事の合間にネットの台風13号情報を100回以上はクリックしています。
本島は上陸しなさそうなので大丈夫かなーとは思いますが、気まぐれな台風の事ですからまだまだ安心できません。
US NAVYの台風予想も見ています。気象庁のより性能がいいんだそうです。随分詳しくなってしまったわ。

頼むから飛んでくれ〜。

小樽とか旭川とか富良野にて

いきなり北海道に行っていました。単に旅行ではなくて義祖父のお見舞い等の私事もあったりしたのですが、丸1日は観光にあて、ウワサの旭山動物園に行って来ちゃいました!
と言いましても私、その動物園の事は行くまで全く存じておらず、昔から動物園ほど嫌いなものは無かったので、全然興味が持てなかったんであります。ですがこの旭山動物園というのは動物の特性を存分に観察する事ができる独特の工夫を至る所になされているという事で、入場者数が右肩上がりの唯一の動物園なんだそうで、まぁそんなに言うなら、と札幌から3時間車を飛ばして行ってきました。(もちろん私は運転していません)

今北海道旅行というとこの動物園がコースに組み込まれているようで、観光バスだらけ!もちろん人も多過ぎ。動物園多しといえども今にこんなに客を呼べるのはココだけでしょう。
オランウータンのもぐもぐタイム(食事時間の事をココではこう呼ぶ)で地上17mの綱をひょいひょい渡るオランウータンの空中散歩も観る事ができました。これでもすげー!と思いましたが、オランウータンというのは本来、地上30mの木の上で生活しているんだそうです。
オランウータンのジャック君
ペンギン館ではこんなすごいショットも撮影できちゃいました。
飛ぶように泳ぐペンギンの姿。これがペンギン本来の姿です!彼らはやはり鳥だった!
ペンギン
と、なんのかんの言いながら大変楽しんでしまい、正直機会があればもう一度行きたいなとか思っています。
今まで何回かしか動物園って行った事ないけど、こんなにも動物が動いている動物園は初めてでした。

動物園を後にし、ちょっとより道して富良野へ。行く道すがら食べたとうもろこし(とうきび)の美味いことといったら、何本でも食べていいよと言われたら余裕で10本は食べられそうなぐらい美味かった。
さて、富良野と言えば五郎さん。五郎さんの家に遊びに行って来ました。
五郎ちゃんち
あいにく五郎さんは留守でしたが、勝手にあがりこんで写真撮りまくってきました。ちゃぶ台に銘酒「男山」が置いてあったのですが、飲んではいけませんと書いてあって残念だった。

そんなこんなの北海道、とにかくデカかった。次回はやはり知床、羅臼あたり行って流氷を見たいですね。2泊滞在中食べたラーメンは3杯。西山製麺最高です。
道中、美唄という地名標識をみました。さてなんと読むでしょう?
ちなみに夫は自身のミドルネイムにしたいと意味の分からない事をいつものように言っています。

月ヶ瀬にて

茶畑を営んでいるイケメンお茶作家、タツミさんちにBBQのお誘いがあったので、奈良は月ヶ瀬まで行って来ました。
彼とは会社の同僚のK君から紹介され、ホームページを作ったことからおつき合いが始まったのですが、今の若者には珍しいアツいハートと義理人情を持ち合わせたナイスガイであり、27歳にして3人のパパでもあります。さらにキッズテニスのコーチを勤めるスポーツマン。全くマルチな人間で非の打ち所がありません。

月ヶ瀬には初めて行きましたが、お茶畑の美しさや自然の多さには心を奪われっぱなしでした。BBQではタツミさんちで取れたもぎたて野菜や伊賀牛を頂き、かなりウマかったです。大自然の中で食べるご飯というのはなぜこんなにもウマいのでしょう。奥さんが作ってくれたモロヘイヤのおひたし(?)みたいなのが美味しくて我が夫もハマってしまったようです。

日が暮れてからはお家にお邪魔してお茶作家タツミ氏の「本当に美味しいお茶の入れ方」で入れるお茶を頂きました。もちろんタツミ茶園の自家製茶です。(浜松産のもあったけど)
普段何気なく飲んでいるお茶も、品種によって飲み比べてみるとかなり味が違う事に気づきました。私のような大雑把な人は、茶器も暖めず熱湯をガンガン注いで飲んでしまうのですが、お茶作家曰くは「飲むことももちろんですが、お茶を入れて飲むという”時間”を楽しんで頂きたいんです。」との事。私のような俗な人間にはまだまだ到達できない「侘び寂び」の世界…いつになったらたどり着けるのだろう?
K君の奥さんも元茶道部だったということで、めちゃめちゃ高価らしいお抹茶を立てて頂いたり、全く最近の若いもんは何でそんなに高尚な趣味を持っとるんじゃ!と叫びたくなるような素敵なひとときでありました。

さて、そのタツミ茶園のホームページはこちら。タツミさんのロゴマークとお茶のパッケージデザインと楽天のショッピングサイトをKing-Shilohことうちの夫が手がけておりますので、ぜひ一度お試しください。

Post Navigation