4ヶ月健診

息子の4ヶ月健診に行ってきた。集団での健診はこれが最後(後期は個別の健診となる)との事…無性に寂しいのはなぜ。

今回は誕生日が前後5日以内のお子様達が一堂に会すというので、ウチの子のデカさを比較するのに持ってこいだ!と思っていたら、意外にもみんな同じぐらいの育ちっぷりだったので一安心。
生後4ヶ月でだいたいできるようになる能力は…
●手と手を顔の前で合わせる
●ガラガラをしばらく握っていられる
●腹這いにすると顔をあげる(首すわり)
●音を鳴らすとその方へ顔を向ける
●動くものを目で追う
●寝返りをうつ

だいたいこんな感じ(だったと思う)。これらができるようになっているか?を診断。ウチの息子は寝返り以外はクリアしたが、この健診を受ける直前まで「音を鳴らすと顔を向ける」ことをほとんどしない子だったので(見えないところから名前を呼んでも全く無視)ちゃんと聞こえてるのか心配したんだけど、検査の時に小児科の先生が鈴をリンリン鳴らすとうれしそうに目で追っていたので一安心。やはり好みの音というのがあるのだろうか?(健診後、即座に鈴の玩具を購入したが大変お気に入りのご様子)

いろいろとわからない事などを聞き、とりあえず元気にちゃんと育ってますよとお墨付きを頂いたところでさぁ帰ろうと思ったら、先生が一言「今日のNo.1でしたね」と…。何が?と思ったら、体重の事だった。その先生がその日みた子の中で、ウチの子がダントツでデカかったらしい。その体重8800g!8000gの子がいて、その子が一番かなと思ってたら最後(ウチが一番最後だった)にでましたねとの事だった。
身長も大きいのでバランスがいいから大丈夫って事だったが、見た目は他の子とそんなに変わらなく見えたのにそっか…やっぱりデカいのかと再確認した。このサイズなら既に立って歩いててもおかしくないぐらいなのに、まだ寝返りもうてないんだからなぁ。私の腕がムキムキになってしまいそうで怖い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする