地産地消

毎月1回、市の施設で「地産地消」イベントをやっているのを急に思い出し、息子をぶら下げて行ってみた。
文字通り、地元で摂れた卵や野菜、米なんかを直売するというもの。
スーパーで機械的にかごに入れて買い物するより、こんな風に人と接しながら買い物ができた方が、私は好きだ。(野菜の使い方とか教えてもらえるし)
こういうのは月1回と言わず、もっとどんどんやって欲しい。

気付いたのが遅くて、出遅れてしまったので随分売り切れてしまったものもあったようだけど、とりあえずこんな感じで買ってきた。

水菜(100円)里芋(200円)ベビーリーフ(100円)干し椎茸(600円)手作り薄あげ(3枚で180円)

しかしまぁ、息子のモテることモテること!
ここ最近、どこへ行っても必ず見知らぬおばちゃんたちが話しかけてくる。
「うわぁーかわいい赤ちゃん、見せてぇ〜!」と…遠くにいても近寄ってくる。
この直売会でも、全てのブースのおばちゃんから「何ヶ月?」と…何度同じ質問を浴びせられた事か(もちろん「5ヶ月です」と言った後は「よう肥えてるね〜!」と返される)。
どこで処世術を学んだのか、息子は全てのおばちゃんに分け隔てなく微笑みをまき散らしているので、とにかくモテモテ。
今が彼の人生の中で一番のモテ期かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation