fete de la musique

日本の皆さんお早うございます。
昨日はアパート近くのバーにて日本VSブラジルを観戦していました。
周りみんなブラジルのユニフォームを着ていて(店員も)怖かったですが、
後半戦以降には、同情の眼差しを向けられてさえいたような気がしました。


さて、fete de la musiqueはもちろん見せふん姿で挑んだ夫ですが、周囲の目にはどう写っていたのでしょうか?(多分、誰も見ていないと思う)

フランス全土が音楽にあふれ…との噂どおり、町中のアチコチでバンドの演奏が行われます。中にはCDかけてるだけという人もいたり、それもまたオツなもんなのです。日本もぜひこういうイベントはマネすべきだと思います。人の集まる場所(バスチーユなど)では歩く事もできないほど人だらけで若者がわんさかいるのですが、日本だと人気のあるバンドとか知名度の高いバンドでないと盛り上がらなかったりしますが、こっちでは例えば2丁目のおっさん達のサルサバンドや3丁目のおっさんどものロカビリーバンドとかそんなような感じでも、みんなありえないぐらいに盛り上がっているような感じがして、いい国だなあと思った。

で最後に友人チアキの彼の友達がリーダーのバンドを見に行ったのですが、日本人のボーカルをフィーチャーしたビジュアル系ロックバンドで、ある意味めちゃくちゃ面白かった。大阪城の城天にいるような感じにおそわれた。来ている女の子たちもゴスロリ系で、異国で自国の文化を見ると、また全く違う見方をしてしまう自分に気づかされ、何とも感慨深い気持ちでいっぱいになりました。
ちなみにリーダーの彼の一番お気に入りバンドは「チャゲ&飛鳥」なんだそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    そして終わったニッポンのW杯。

    さて、と。・・・朝デス。おはようございます、みなさん(眠)。
    昨晩は早めに就寝して試合前に早起きして観戦した人も多いか、と。
    いや、チェコVSイタリア戦のおかげで寝てない人も多いのか(笑)。
    ボクは今日は寝るつもりだったんだけどね、寝られませんでした