産後の身体

早いもので産後4ヶ月になる。忘れる忘れるというが、本当にあのすさまじいまでの痛みをきれいさっぱり忘れてしまう。忘れてしまっているので「すさまじいまでの痛み」だったかどうかも覚えてませんが…。時間ってたいしたもんだ。
※でも少なくとも、「もうこんな思いは2度とゴメンだ!」と強く思った事は覚えているので、すさまじいまでの痛みだったんだろうな。

さて、最近になって、抜け毛が尋常ではなくなってきた。毎日シャンプー時に手にまとわりついている髪の毛の量をみて、ゾーッとしている。いつまで続くのか?このまま抜け続けたら、確実にハゲる。美容師さんは「1年もすれば元に戻る」とのこと。1年か…。小さい子のおかあさんってみんな帽子被ってるイメージがあるけど、あれってみんな髪の毛抜けてひどい事になってるのを隠しているらしい。私も例に漏れず、どこに行くにも帽子被って出かけています。

あと、体重。喜ばしいのかどうなのか、妊娠前よりマイナス5kgになってしまった。久しぶりに会う人には「痩せた」と言われ、育児ノイローゼになってんじゃあないかみたいな目で見られたりすることもあるが(勝手な憶測だけど)、ご心配なく。
しかしめちゃめちゃ食べてるのに全然体重は増えないし、がんばって栄養摂ってるつもりでも口内炎が絶えない(これはホントに辛い)。母乳でぜんぶ息子に行っちゃってるらしい。息子はガンガン育ってて、依然として発育曲線の一番上を這っている。ちゅーちゅーと養分を吸い取られているのか…。身体も大きくなってきたし、余計に摂られてしまうのね。やばい、もっと食わんと!と思いコッテリしたものを食べると「こんなまずい乳飲めんわい」とハンストされるし、難しいものだ。

食の好みとしては、臨月時に「果物サイコー!」と言っていたのはやや治まりつつある。梨とかリンゴとかもちろん美味しいんだけど、毎日食べたい!とまでは思わなくなった。スイカももちろん、今は全く欲しない(当然季節的なものも多々あるであろうが)
そのかわりと言ってはなんだが、今は「和菓子マイラブ」である。今まで振り向きもしなかったスーパーの「和菓子コーナー」がたいへん気になる。おつとめ品なんか見つけてしまった時には無条件にカゴに入れているし、そういえば、今まで本気で全く興味のなかった「あんぱん」。今なら何十個でも食える自信がある。控えめな甘さの餡と、それをやさしく包み込むほのかな塩加減と香ばしい焼き加減のパンの絶妙なハーモニー。考えた人えら過ぎ。うーん、どうやら和菓子というより餡が好きになってるのかも…。

女はこうしてバァさんになっていくのかなぁ、などと思う今日この頃である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. トモエっち より:

    和菓子ユアラブ妻様。
    あのごっそり抜け毛には参るものですね。サクセスかしら、それともリアップ??と本格的に悩む頃にはさわーっと生えきた記憶です。
    帽子は他にも、寝グセ隠し(髪の毛とか、かまってられへんし)日焼け防止(日焼け止め、ましてやメイクとか、してられへんし。)に大活躍アイテムよね。
    わたしは草餅団子(あんこてんこもりのってるやつ)フェイバリッターです。

  2. チェ。 より:

    私も悲しいくらい髪の毛抜けます。

    私も体重は減って、頬はこけてますが、おなかが三段腹です。

    女性としての魅力はIKKOさんのほうが上です。悲しい。

  3. tsuma より:

    ⇒トモエっち
    みんな抜けるんですね。元々髪の毛少ないからほんと、ひんそな感じになってます。雨の日でも帽子はマストアイテム。
    草餅団子もえーなぁ。日本人は小麦粉なんてなくても餠粉とか米粉とかで何とでもなりそうな予感。あー大福餅くいてぇ。

    ⇒チェ。
    やはりみんな抜けてますか…ほんと、排水溝の四谷怪談っぷりには毎日ぞっとしています。
    ウチの息子もだんだん重くなって来たので、IKKOさんのようなたくましい腕が欲しいっす。