初めての…

友だちから、Bjorkのライブに急に行けなくなったので替わりに行ってくれないか?と誘われた。
前から行きたいなーと思っていたのだが、今日は夫が名古屋出張で留守だから息子を見てもらえないので無理。と残念ながらお断りした。
が、数時間後にまた再度電話があり、「一緒に行くKちゃんのところにも生後5ヶ月の赤ちゃんがいて、そこの旦那さんが、一人も二人も変わらないだろうって事で、預かってくれるらしいから何とか行ってくれないか」と懇願される。
Kちゃんの家は大阪城ホールから車で10分ほどとの事で、ライブと行き帰り合わせても3時間ぐらい。だったら何とかなるかなーと思い、承諾!
しかし息子にとって、初めての「親以外の人(というか私も数回しか面識がない)に預けられる」経験である。果たしてどないなるのだろうか?
後ろ髪を引かれつつ、結構旦那さんとおもちゃで遊んだりニコニコ機嫌の良さそうな時を見計らって、シレーっと女二人はビョークライブへ。
開演ギリギリに到着し、席についた時には始まっていた。
ついさっきまで授乳してた現実とは180度真逆のテクノロジーの音の洪水。最近のビョークはほとんどと言っていいほど聴いてなかったんで、果たして盛り上がれるだろうか?と一抹の不安もあったが、おそらく一度もビョークを聴いた事がない人(ビョークを知らない人でもいいや)が観たとしても、アレは凄いと思うだろう。ほんま完璧なライブで、二人して曲が終わる度に「すっげー!すっげー!」とボキャブラリーのなさを反省しつつもそればっかり言っていた。丸いモニターに四角いパーツを置くとどんどん波形が変わって行く様をビジュアルでも見れて音も変わるすごい機械(ReacTableというらしい)や、モニタを手で触るとスライダが動くミキサーとか、Tenori-onとか、何やらすごい最新テクノロジーを観たり聴いたりする事ができ、さらにそこにビョークのすさまじい声量のヴォイスが絶妙にのっかって…説明すればするほど陳腐だが、こんな凄い事をサラっとやってのけてるのが凄い。「完璧」と言うのはまさにこういうものを言うのであろうと思った。
いやー、最後のHyperBalladは凄かった。ブッキブキ。あれはもはやレイヴだった。
と、感動している間にも息子の事は常に頭の中をかすめておった訳で(言い訳じゃないよホント)、終演後に直ちにKちゃんが携帯の電源を入れると、旦那様から何通もメールが届いていた。
内容は…
「あかん、無理!」
「ヤバい!マジ無理!」
「無理無理(×50回)……」
冷や汗タラリな母親二人。
何と、うちの子、私たちが出かけてから1時間45分、泣き続けてたとの事。
つられてそこの赤ちゃんも泣き出すわで、2人同時に泣かれて修羅場だったらしい…
1人も2人も一緒…ではなかった、2人いれば泣き声は2乗になるのだった。
本当に申し訳ない&ありがとう!旦那様。あなたは凄い!
帰ったら疲れ果てて寝ていた我が息子、初めてのお留守番、お疲れさま&ごめんなさい!
想像はしていたが、その日は帰ってからも全然目を合わせてくれず…
拗ねまくって不貞寝してしまった。まぁ可愛いもんですがね。
もちろん朝起きたら、全く元の息子に戻っておりましたが、そういう経験を経た後は、母も愛しさひとしおで、更に育児に精進しよう!という気になるものなのです。許せ、我が子よ。

ヴォルタ
ヴォルタ
posted with amazlet on 08.02.26
ビョーク
ユニバーサル インターナショナル (2007/05/02)
売り上げランキング: 823

2 Thoughts on “初めての…

  1. トモエっち on 2008年3月1日 at 12:38 AM said:

    ちわっす。コトの発端はこのわたくしですのに、
    ほほえましく最後まで音読してしまいました。
    目を合わせてくれなかったのですね!ウケてしまいました。
    こうしてひとまわり、成長した姿が伺えます。
    発端はこのわたくしなのですがね。

  2. 明らかに拗ねた顔って、こんな月齢からするんか?って時からしていました、うちの子。天才かしら。
    しかし姐さん!ビョーク見させてもろてありがと!えーもん見してもらいました。
    送迎&ベビーシッター付きで。ありがとうございましたって感じ?
    今度はみんなでフェスとか行きたいねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation