その後

息子は元気は取り戻したものの、母乳は飲まない日が続いた。
気がつけば信じられないぐらい張っていたおっぱいが、信じられないくらいしぼんでいるではないか!
知り合いのママさんに断乳時の話を聞いてみると、「断乳は相当大変だから、あなたの場合は今辞められたらそのしんどさの半分くらいで済むから、断乳してもいいかもねー。あ、おっぱい?3日もすれば枯れるよ。」と言われた。
このまま断乳するべきか、また吸い出すのを待つか…色々な想いが交錯していたのだが、私の脳みそはどーやら「あ、もう母乳作らなくていいのね。」と判断したっぽい。
私はせいぜい1週間ぐらいはもつかなーと思っていたのに甘かった。人間の身体ってほんと凄いよ。いやほんと凄いよ。子供産んでからほんとつくづくそう思うよ。
あーこのまま断乳か。と9割方諦めもついた日の夜(自発的卒乳から約6日)、だめだろうなと思いつつおっぱいを含ませると…
果たして、彼はまた吸いはじめたのである!
嬉しいような、「酒はまたお預けか…」というような少し寂しい気持ちの入り交じった瞬間であった。
しかし、おそらく母乳の分泌がかなり少なくなっているようで、いつまでもいつまでも吸っている。以前なら5分もすれば十分だというところが、なんと…30分くらい吸い続け。
その日の明け方5時頃に授乳した時など、1時間は余裕で吸っていた。
はっきり言って眠れん!
そして母乳が出てる気がしねぇ!
でも、とりあえず吸わせていればまた出るようになるのかなー??
今はそういう経過を観察中であります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする