ゴーヤカーテン

goya.jpg
ゴールデンウィークに植木市で買ったゴーヤの苗。
60cmぐらいになってきたので、網を張って、追肥してみた。
最初、花が咲いても次の日には根元から落ちてしまっていたので、「鳥が食ってしまったんでは?」と思っていたのだが、ゴーヤには雄花と雌花があって、雄花は1日で落ちてしまうんだそうだ。アーよかった。
雌花は根元がゴーヤの実っぽくなっているそうで、雌花が咲いたら雄花を摘み取って雌花と交配させるというわけ。
まぁ虫が来て勝手にやってくれるみたいだけど、ぜひ自分でもやってみたい。まだ一つも雌花にお目にかかってないけど。(いつ出て来るの?)
余ってたプランターで雑草ばっかり生えててあまりパッとしない土に植えたので、ダメかなあと思っていたが、意外と成長してくれて嬉しい。
ゴーヤは1日でかなり成長するので、毎日見ていても飽きない。
さて明日は息子の一歳の誕生日である。
今日は一日、「一年前の今頃は…」と思い返す日であった。
ちなみに今は、一人病院のベッドでじわじわ来る陣痛に耐えていた時間である。
早いようで長い一年だったけど、区分けするとこんな感じ。
0ヶ月〜1ヶ月⇒めちゃめちゃ長い
2ヶ月〜5ヶ月⇒やや長い
6ヶ月〜8ヶ月⇒やや早い
9ヶ月〜12ヶ月⇒矢の如し
離乳食始めた辺りから、時間の流れが早くなり出したかな。
今、離乳食完了期っていうところらへんに位置する(のかな?)。
毎日そこら中おかず&ご飯まみれになるのを覚悟で、好きなようにぐっちゃぐちゃ掴み食べをさせてきた甲斐があってか…(ほんと毎回凄まじい汚れようで、服も何もかも全取っ替えです)
本日、「容器を手にもって口へ運び、中の味噌汁を飲み、まだ中身の残った容器をちゃんとテーブルに戻す」というウルトラCを成し遂げた!(お茶を普通のコップでも同じように飲めたのである!)
少しゴールが見えたような気がした。(食事については、ね)
サリバン先生もこんな心境だったのであろうか。
1歳を目前にこんなことやらかしてくれるなんて、息子も粋であるなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする