断乳【1】

1日目。
朝、起床時の授乳から断乳開始!
もちろん寝起きの絞り立て母乳を貰えない事に大泣きする息子。
しょっぱなから「あー、なんで断乳しなきゃならなかったんだろう?別にもうちょっとあげても良かったんじゃ…」という気持ちになってくじけそうになる。
しかし!気を取り直し、とりあえず抱っこして起こす。
「今日からおっぱいもうバイバイだよ。でもお母さんは一緒にいるでしょ。だから一緒にがんばろうね!」と言い聞かせると、泣きながら手をあげて「ハーイ」をするではないか!そして泣き止んだ。
これには母感動。もしかしてかなりすんなり行くのではなかろうか?という淡い期待を抱く。
朝ご飯も普通に食べる。いつもより多めに牛乳を飲ませる。
いつもなら少し残すのに、今日は完飲。
朝ご飯はイマイチ食べず。(いつもと同じぐらい)
お昼は出先でパン。気を紛らわすため、ショッピングモールに行ったりして時間を稼ぐ。
車に乗ると寝てくれるので、昼寝の寝かしつけおっぱいも要求されず。
たまにTシャツの首をひっぱっておっぱいを覗かれるけど、そうされる度に、「おっぱいもう出なくなっちゃったよ。」と言い聞かせると、渋々?諦める。
※余談だが、いい聞かせのポイントは「我慢しようね」ではなく、「(みんなで一緒に断乳を)がんばろうね」という言い方の方がいいらしい。
そして「もうおっぱいはバイバイよ」だけだと、おっぱい=母親である子供にとって、「もうお母さんはバイバイよ」という気持ちになってしまうらしいので、「おっぱいはバイバイだけど、お母さんはずっと一緒にいるよ」と言った方がいいんだそうだ。
その辺はデリケートに守っているつもりである。些細な事だけど、こういうのって子供にとっては大きいんじゃないかと思うのよね、ほんと。
晩ご飯も普通に食べ、お風呂も断乳中は夫が入れる事になっているので、入れてもらう。物理的におっぱいを見せない方がいいと思うので。
寝かしつけは私も参加しようと思い、最初は添い寝をしていたんだけど、やはり私がいると大泣き。なんでおっぱいくれないんだよ〜!と15分ほど泣き続けたので、夫が抱っこしてあやしている間に私はパソコン部屋に籠る事にした。
さて、先ほど彼は旦那の抱っこにてねんねしたようです!
そういえば夫の抱っこでベランダに出てる間は全く愚図ってなかった。そのまま寝ちゃったらしい。
はや!かなり拍子抜け。
ところで気になる私のおっぱいは、現在少し張ってきた感じ。
前回の5日授乳停止の時(息子9ヶ月時)よりは、全然マシ。
やっぱり授乳回数も随分減ってたし、そんなには出てなかったんだろうなー。
こんな感じでとりあえず1日目、想像していたより全然あっけなく終了。
まぁ夜は長いから、これからどうなるかって感じだけど。
乞うご期待(?)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. akipico より:

    夫のだっこねんねがよかったね!
    スムーズにいけそうですな。

  2. tsuma より:

    akipicoさん
    さすがに一筋縄のスムーズとまでは行かないですが、
    息子&夫も甲斐甲斐しくがんばってくれてるようで、
    何とか峠を越える事が出来そうな予感…はしてます。
    夫だけだと諦めつくのも早いんだけど、
    どうしても私がいると甘えてしまうんだろうね。
    でもずっと隠れて過ごすのも何だか逃げてるような気がして嫌だし、私がいても我慢が出来てこそ、一人前!と思うのでとりあえず寝るときは一緒に寝る事にしました。
    しかしおっぱいが張って痛いっす。