断乳【3】

2日目。
朝から夫と公園に行くも、小1時間くらいで寝ちゃったらしく、帰って来る。
やはり昨晩はあまり眠れなかったんだろうな。
だから結構寝るかな?と思ったけど、1時間くらいで目覚める。
機嫌は良さそうなので、五月山へピクニックに。
動物を触ったり、楽しく過ごす。
お弁当は、断乳前よりちょっと多めに食べるようになったかなという感じ。
まだがっついてパクパク食べるって感じではない。
彼の食事のペースはこんな感じなのかな。
帰宅して、昼寝させようと思うのだが、これがまた一向に寝ない。
眠いはずなんだけど。つうか私も眠い!(でもおっぱいが張って眠れない)
結局全然寝ないので、夫が「スーパー銭湯に行って来る」と言って息子を連れて出かけてくれた。
その隙に搾乳したりおっぱいを冷やしたり…(息子の前ではおっぱい出せないからね)
はっきり言って断乳ってこの痛みとの戦いかも。と思う。
2日目がピークというが。息子を抱っこしてあげることもままならないぐらいの痛さ。
ちょっと何か触れただけで飛び上がるほど痛い。早くしぼんでくれー
さて帰って来た二人。息子は車で寝ちゃってたみたいなんだけど、
起きて食卓に並んだごはんをみて「うーーむ!」とか言ってる。
早速食べようとする。やはりお腹が空いてるんだろうな!
と思ったけど、思ったより食べなかった。
でももちろん断乳前よりははるかに食に興味をしめしている感じはある。
潜在的に食べない子ではないんだ、という気がして来た。
夜が近づくと結構憂鬱になってくる…が、しかし!くじけてはならない。
眠そうでもなくおもちゃで遊んでいた息子に、8時半くらいになって牛乳を飲ませ、「そろそろおやすみなさいする?」というと、スタスタと寝る部屋へ歩いて行った。なんだ、眠かったんか。
本日も寝かしつけから参加した。
またシャツをめくろうとするので、「おっぱいはもう出ないよー。さぁ一緒に寝ようね」と言い聞かせる。
ちょっとだけ愚図ったが、くすんくすん…ぐらい。
後はとんとんしたり夫の奇妙な子守唄などで、20分もかからずに寝てしまった。
いやはや、たいしたもんだ!私の添い寝でも寝てくれた!
私のおっぱいも張りはしているものの、
痛みは随分落ち着いてきた感じ。
ようやく脳みそに断乳指令が届いたっぽい。これまた大したもんであるなぁ。
人間の身体ってどこまで素晴らしいんでしょうね。
そんな事を考えつつ、2日目終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation