良薬は口に苦し

息子が4日前から下痢。
連休中、私の母の家に行っていたのだけど、その道すがらミニウィンナーをバカ食いしたり、行ってる間中食べ慣れないものを食べたせいだろうと放っておいたが一向に治らず。
昨日は午後少し微熱もあったので、今日、重い尻を上げ、病院へ行って来た。
いつも行っているところが休診だったので、初めて別の小児科を訪ねてみた。
結果は、胃腸風邪っぽい。ウィルス性の下痢ということらしい。
今は熱もないし別段心配する事ないので、薬飲んでればすぐに治りますよ、って事だった。
また薬!聞いただけで「あーどうやって飲ませよう…」と憂鬱に。
処方されたのは、鼻水止めのシロップに漢方薬にビオフェルミン!3つもか!
説明では「この漢方薬を飲んでくれればすぐに治るんですがねー。漢方だから独特の匂いと苦みがあるから、吐き出しちゃうかも知れません。だったら無理に飲ませず、他の二つだけでも構いませんよ」という事であった。
吐き出す事を考慮し、漢方薬を一番最初に飲ませるようにとの事。後で飲ませて吐かれたら、他のヤツも出ちゃうからだって。さすが、なるほどねー。と当たり前の事に感心しつつ、帰って早速飲ませることに。
もう色々考えるのも面倒なので、とりあえず強硬手段に出た。
夫に息子を羽交い締めにして頂き(在宅ワーカーに感謝)、口を無理矢理開けさせて漢方の顆粒を口にザーっと一気にぶち込み!
羽交い締めにされた時点で喚いていたが、一瞬で終わったので息子はあまり抵抗せず、泣き叫ぶ事もなく終わる。
次のビオフェルミンに至っては、同じように口に無理矢理突っ込んだにも関わらず、全然嫌がらず。むしろ美味そう。
最後、前はかなり嫌がったシロップ。今回は少し演出してみた。
081017_1.jpg
社長さん、まぁ一杯どうぞ!と。
縁起のいい盃で飲んでいただくことにした。
まず半量を与えると、盃で飲む事が面白かったのか、スムーズに飲んでくれたではないか!
おっと社長さん、いけるクチですな!とかいいながら、あと半量を注ぐと、
自らグィーッと。
081017_2.jpg
いい飲みっぷりでしょう?
夜、2度目の投薬時に至っては、スムーズどころの騒ぎではなく、
あの独特の匂いと苦みの漢方薬を全く抵抗せず飲んだ後、袋についている分までしゃぶっている!?
シロップは以前のように、「もっとくれ〜!」状態。
何なの!?
しかし漢方薬を飲んでくれるとは驚きである。
さっそくの効き目だろうか、投薬以降一度も下痢をしていない。
これで治ってくれたら万々歳!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする