風邪

息子が久々の発熱!
先週新型ワクチンを打ったところだったので、どうだろうかと思っていたところ、ただの(?)風邪でした。

今は熱も下がり、少々咳と鼻水が残っているぐらいに回復したのだけど、
とりあえず熱がある間は機嫌が悪いし、私はトイレに行く暇もない。
ちょっと良くなっても外には行けないしで親子ともどもストレスばりばりたまり放題。

このような時にマリア様のように微笑みで全てを許せるアンドロメダ星雲並みの巨大な心は到底持ち合わせておらず、いい年こいて2歳の子供にマジギレしている自分のとても狭い心にホトホト嫌気がさすのであります。
さらにそれを旦那から指摘されると、いっそ死にたくなる。あーもー何もしたくねーわ!てな気持ちになる。
そういう気持ちもまた自己嫌悪に陥り、この嫌悪スパイラルから脱却しなければ…
亜鉛不足にならないウチにとりあえず平常心に戻らなければ…

こういう時はお笑いが一番ね。息子が寝てる間にYouTubeでジャルジャルでも観よう。
あ、最近うちの息子は「ゆーちゅーぶ見たい。」と言えるようになってしまった。ヤヴァいよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ayumi より:

    看病お疲れ様でした。
    快方に向かってよかった、よかった。
    「嫌悪スパイラル」物凄く良く分かります。
    なんせ息子の癇癪とイヤイヤが激しくて、私しょっちゅうキレています。しかも日中は同居の実母にその態度を指摘され、夜は旦那に指摘され…
    甘えだと分かっちゃいるけど一言「大変やなぁ」と付けて貰えたら少しは気持ちも落ち着くのかもしれませんが…「感情で子供を怒ったらいけない」とか「母親として最低だ」とかそんな正論聞きたくもない。自分が一番分かっているだけに余計に腹が立つ。
    まして一人のホッとする時間が持てないと心に余裕が無くなっているし…そこまで追い込まれた状況の人への指摘は火に油を注ぐようなもの。
    読んだ雑誌中に心に残ったフレーズがあるので引用します↓
    『子どもが小学生までの時期は、親にとっても人生の黄金期。「パパ、ママ」と慕ってきてくれる子どもとの輝くような数年を、大切に楽しんで欲しい』
    最近。早く手が離れないかなぁ…とばかり考えていました。けど今みたいな時期(輝くような数年)はそう長くは続かないと思えば少し楽になれるような気がしました。
    男の子なんてその内一緒に歩いてもくれなくなるんだろうし。
    育児は本当に育自と云われる意味が身にしみています。母ちゃんが元気じゃないと家が暗くなるのでお笑い観て発散発散。
    長々すみません。

  2. さかい より:

    お疲れ様やったね~。
    こどもの体調が悪いと親もしんどいよね。
    もう元気になった?
    うちも最近でこそ元気だけど
    保育園行き始めたころはしょっちゅう体調崩して
    小児科にお世話になってばっかりやったよ。
    外にでられないのは母子共にストレスだよね。
    看病疲れがでないようにね~。
    私はそういうときは病気だからとかこつけて
    テレビばっかり見せてたよ。
    よくないことやけどね~。
    でも親も元気でいないと家庭はまわらんからね~。
    しっかり休んでくださいね~。

  3. tsuma より:

    ayumiさん
    やっと落ち着いて普通の生活に戻りました!普段なんとも思わないような公園とかでのママ同士の会話なども、日々の疲れの発散となっていたんだなーとつくづく思いました。一日ぐずぐずの子供と一緒にいるとほんとイライラしてしまい、熱があるというのに真剣にキレてしまったり息子にも悪いことしたなーと反省しています。
    前よりこっちの雰囲気とかが伝わるようになってきているので、更に息子も愚図ってたんだろうなぁ。いつまでも何もわからない子供とか思っていたらあきませんね。
    でもほんと、自分でもわかってるのにコントロールできないのは辛い。でもそれも含めて人間だ!とか言ってくれたら嬉しいだけど、なかなか世間は冷たいもんですね。
    さかいさん
    心配かけましたが、回復しました。12月というのに暖かいね。今日はセンター行ってきたけど、インフルの影響か誰もいなかったです。
    疲れたけどとりあえず治ってよかったです!私もたまには倒れてみたいと思うんだが、どんだけ疲れててもめちゃめちゃ丈夫でやんなっちゃいますわ。まぁ倒れた方が大変なのは目に見えてますけどね。
    さかい家も体調管理にはお気をつけ遊ばせ!

  4. トモエっち より:

    おかあさん毎日ごくろうさん!
    ほんま子供が熱出してるときって、ここは戦場か?
    と思うよね。ほかにも夜泣きとか、反抗期とか、
    かんしゃくとか、公共の場で大泣きとか、
    ゴハンぼろぼろとか、足ぷらんぷらんとか、
    子供にマジギレなんて私しょっちゅうでした。
    今思うと、あんなカワイイ赤ちゃんに
    そんなんしてたなんて反省ばっかりやけど、
    一生懸命やってるからこそそーなるんであって、
    それは子供にも伝わってると思いますっす。
    夫、母、近所の人、などのあたたかいご意見は
    ひとまず無視しましょう。
    ところでそんな渦中、
    よく外に遊びに連れ出してくれたのが
    tsumaさまでした。
    家庭と育児を完全に忘れる時間を貰えて
    どれだけ救われたことか。あのときはありがとう!

  5. tsuma より:

    tomoeっち
    何か熱出したあと、ほんと、不思議なんだけど
    やたらに成長した気がするのは何だろうね。
    熱出す前は全然出来なかったことが
    出来るようになってたりするね。
    しかし病院連れて行ったり、やたら抱っこを要求されたり…でもう家のことなど何も出来なくて大変でした。
    ウチの子は体重13キロあるんで、抱っことか言われてもねぇ…死にますわ!
    そんなの抱えて病院まで…しかも雨降ってるし…
    もちろん旦那出動してもらいましたけどね。
    (まだ見知らぬ土地でイマイチ車運転好きじゃない私)
    まぁいろいろあって親も子も成長していくんでしょうね。
    最近はようやく子供同士で遊ぶ楽しさが、少しだけわかってきてくれたようで、母は感動に討ち震えております。
    でもやっぱリフレッシュは必要だ!
    また飲もう!