自転車

義母に、息子用の自転車を買ってもらいました。

イメージ 3.jpg

HAROというBMX用の自転車だそうです。
夫が選んだので詳しくはよーわかりませんが…
お友達がルイガノを選んだので、単純にかぶるのがイヤちゅう感じも受けましたが…
男の世界にはいろいろあるようで、ようわかりません。
でも実物みたらすごくかっこ良かったのでよしとしましょう。

イメージ 2.jpg
しょっぱなからコマなしを買って、何のプロに仕立て上げたいのかよくわかりませんが…
(自転車もBMX仕様だし…)
とりあえず30分くらい練習した時点で自力で乗れるようになりました!!
子どもって感覚が鋭い。いや、私もかつてはそうだったように記憶する。
自転車、コマ外してその日に乗れたような気がする!
でも、自分の子どもが30分で乗れた日には、「え、うちの子、もしや天才?」
とか思ってしまいますね、あかんあかん。ちゃうちゃう。自分でも乗れた乗れた。
子供を育ててると(育ててるという言い方自体が何かおこがましいような気がしてしまうものですが…)、自分が子供のときを、赤裸々に思い出したりしませんか。私はしまくります。
近所のおねえちゃんが、「持ってるから!!大丈夫」といいながら、実は持ってなくて、自分で乗れていたあの日のこと。
そんなことを思い出しながら、あれはいったい何歳の時のことだったんだろう、とそこまでは思い出せず。でも、風景や道や、周りに居た人のことははっきりと思い出した。
息子もいつかはこんなふうに、自転車に初めて乗れた日のことを思い出すのだろうか。
しかし坂の多いこの街では(とても尾崎豊っぽい表現)、まだまだ息子が自力で自転車を操るにはほど遠いんではないかな、とか思ったりもしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする