月ヶ瀬にて

茶畑を営んでいるイケメンお茶作家、タツミさんちにBBQのお誘いがあったので、奈良は月ヶ瀬まで行って来ました。
彼とは会社の同僚のK君から紹介され、ホームページを作ったことからおつき合いが始まったのですが、今の若者には珍しいアツいハートと義理人情を持ち合わせたナイスガイであり、27歳にして3人のパパでもあります。さらにキッズテニスのコーチを勤めるスポーツマン。全くマルチな人間で非の打ち所がありません。

月ヶ瀬には初めて行きましたが、お茶畑の美しさや自然の多さには心を奪われっぱなしでした。BBQではタツミさんちで取れたもぎたて野菜や伊賀牛を頂き、かなりウマかったです。大自然の中で食べるご飯というのはなぜこんなにもウマいのでしょう。奥さんが作ってくれたモロヘイヤのおひたし(?)みたいなのが美味しくて我が夫もハマってしまったようです。

日が暮れてからはお家にお邪魔してお茶作家タツミ氏の「本当に美味しいお茶の入れ方」で入れるお茶を頂きました。もちろんタツミ茶園の自家製茶です。(浜松産のもあったけど)
普段何気なく飲んでいるお茶も、品種によって飲み比べてみるとかなり味が違う事に気づきました。私のような大雑把な人は、茶器も暖めず熱湯をガンガン注いで飲んでしまうのですが、お茶作家曰くは「飲むことももちろんですが、お茶を入れて飲むという”時間”を楽しんで頂きたいんです。」との事。私のような俗な人間にはまだまだ到達できない「侘び寂び」の世界…いつになったらたどり着けるのだろう?
K君の奥さんも元茶道部だったということで、めちゃめちゃ高価らしいお抹茶を立てて頂いたり、全く最近の若いもんは何でそんなに高尚な趣味を持っとるんじゃ!と叫びたくなるような素敵なひとときでありました。

さて、そのタツミ茶園のホームページはこちら。タツミさんのロゴマークとお茶のパッケージデザインと楽天のショッピングサイトをKing-Shilohことうちの夫が手がけておりますので、ぜひ一度お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation