ふんどしの理由

ウチの夫がふんどしを始めたのはかれこれ5年くらい前の事となります。
以前から虚弱体質のアレルギー体質である彼は、なんやゆうたら
「どこそこがかゆい」だのなんだの「暑いとムレる」だのなんだの
と五月蝿く言っていて、特に敏感な部分についてはしょっちゅうそんな事をのたまっておりました。

その日もそう、朝起きるなり股間をゴソゴソし、
「デリケア」なるものを股間のイチモツに塗り込んでいたので、
女の私よりもデリケートな彼にイライラを隠しきれず、
「パンツなんか履いてるからじゃ!ふんどしでも履けば?」と一喝したらば、
じっと動かず何か閃いた様子でした。

そのまま私は会社に出かけ、夕方帰宅すると…続く。

3 Thoughts on “ふんどしの理由

  1. E@pretty-dog on 2006年5月31日 at 11:21 AM said:

    この続きを早く読みたいのは私だけでしょうか。

    今後の展開期待しておりマス。

  2. うれしいお言葉ありがとうございます。
    がんばって続きを書いて行きたいと思います。という事で書きましたが、また続いてしまいました。

  3. E@pretty-dog on 2006年6月2日 at 12:09 PM said:

    連ドラのような「続き」に製作者の愛と葛藤を覚えます。

    さらに続きを期待しておりマス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation